チームが有機的に機能するのはマネージャー次第

影でチームを支えるエキスパートを目指す


マネージャーコース

 コースディレクター

岡崎 智徳(おかざき とものり)

1972年生まれ 埼玉県出身 スペイン在住10年

 

社会人チームマ時代にスペインに憧れて語学留学。そのまま現地企業に就職し経験を積んだのち独立。バルセロナとマドリッドでビジネスを経験、2013年よりアルビレックス新潟バルセロナのGMに就任する。現場だけでなくサッカーチーム運営やビジネスにも精通し、温厚な人柄で公私共に留学生のアドバイザーとしても頼れる存在。

 コメント

チームマネージャーという仕事は、プロ・アマチュア問わず選手がいかにプレーに集中できる環境を作れるかが大切になってきます。そしてそれはピッチ上だけではなく、移動中や日頃の生活シーンでも同様です。

 

プログラム参加者には、まずアルビレックス新潟バルセロナでのマネージャー業務を経験してもらいます。仕事は、トレーニングの準備やグランドの手配、試合のコーディネートなど多岐にわたります。その後は地元スペインチームに帯同し、同様に業務を経験します。スペイン語の修得と仕事への慣れによって、さらに上のカテゴリーのチームに移籍することも可能です。

 

この仕事はとにかく実践あるのみ。多くの経験を経て、サッカーのマネージャーとは、そしてヨーロッパのサッカーとはどういうものなのかを理解してください。一緒に活動できることを楽しみにしています!

 

 コース内容(抜粋)

 

・マネージャーの役割と責任

・選手登録など協会との業務

・他チームとの業務、調整作業

・選手とかかわる業務

・チーム内外の環境整備

 

チームに帯同し、さまざまな業務を経験していただく超実践的なプログラムです!