思い切って飛び立った若者の生の声

バルセロナでの濃密な時間を語ってくれました


卒業生の声


 ここで得た仲間は何にも代えがたい財産

福田 蓉素希 Yosuke Fukuda

1985年5月20日生まれ 社会人⇒バルセロナ留学

 

自分のキャリアを見つめなおして

日本では、不動産の営業をしながら社会人リーグでプレーしていました。「30歳まであと3年」というところで自分のキャリアを見つめ直した時、「サッカービジネスで成功したい」と思い至ったんです。サッカービジネスの中心であるヨーロッパに足を踏み入れることで、学べることも多いだろうと感じました。

 

参加してみて、ビジネス面でどのような経験をしましたか?

企業研修やサッカービジネス講座のほか、指導者やFIFAの代理人、留学コーディネーターやキャリアカウンセラーなどの講演会にも定期的に参加していました。第一線で活躍する方々の体験談やアドバイスを聞くことができて勉強になりましたし、非常に刺激を受けましたね。そういったサッカー業界に身を置く人とのつながりというのは、何にも代えがたいものだと思います。日本にいたままでは、決して築けなかった人脈を手に入れることができたと思います。

 

1年間で自身にどんな変化がありましたか?

スペイン人から「ずる賢さ」だったり「ふてぶてしさ」を学べたことはすごく大きい。ここで感じるのは、皆自分のミスを認めないんですよ。例えば自分がトラップミスしても、「今のはパスが悪い」て(笑)。日本人には割りと「謝ることで丸く収めよう」みたいな発想があると思うんです。でも、国際的な人材として世界を相手に戦っていくためには、そういう「いい意味での図々しさ」が必要になってくると思うんです。

 

これからのキャリアプランを教えてください。

今、目の前にある目標は、代理人に成ることです。日本とアジア、ヨーロッパをつないでいく人材になっていきたいと思っています。さらにその先にある「夢」は、世界のサッカーが実際にどんな仕組みで動いているのかを知って、それを広く伝えていくこと。それが日本のサッカーのためになると思うんです。その夢を実現していくうえで、バルセロナで過ごした1年間はとても有意義だったと感じています。

 

 日本とは全く違う街並み。歩いているだけで楽しい

松田 健汰 Kenta Matsuda

1993年5月1日生まれ 龍谷大学休学⇒バルセロナ留学

 

運命を感じ、すぐに参加を決めた

大学を休学してバルセロナに留学しました。このプログラムのことはSNSで知ったんですが、即座に参加を決めました。高校時代の僕は、自ら限界を作ってしまうところがあったので、そんな自分を変えたいと思って。。

 

バルセロナにどんな印象を持ちましたか?

街並み一つとっても日本とは全然違うので、歩いているだけですごく楽しい。いつも天気が良いし海も近いので、リフレッシュする場所には事欠かないですね。中心部には観光客も多いのですが、少し電車に乗って郊外に行くと、また違った感じで落ち着いています。散歩をしながらお気に入りの場所を見つけるのが、本当に楽しいですね。

 

住まいはどうしていますか?

チームメイトの多くは共同生活をしていますが、僕はホームステイです。ホストファミリーは温かく迎え入れてくれて、毎食家族全員が揃って食事をするんです。他のチームメイトは練習や試合後に自炊をするようですが、僕の場合、家に帰ったら食事の用意がされているので助かります。「どのバルがおいしいか」なんていう情報はチームメイトのほうが詳しいですが(笑)。

 

語学力はどれくらい身につきましたか?

日本では、大学で週2回スペイン語の授業を受けていましたが、正直全然通用しなくて...それこそ「ごく簡単な挨拶ができる」程度のレベルでした。1年間のレッスンを経て、聞き取りはほぼ問題ないレベルになりました。ホストファミリーとの会話や旅行時などはほぼ問題ないレベルですね。話す力はちょっと弱いのですが、それは僕の努力の問題です(笑)。努力次第で、もっともっと上のレベルに到達できると思いますよ。スペイン人の彼女ができたチームメイトもいますから(笑)。

 

一年間でどのように成長したと感じますか?

一つは、使える言語が増えたこと。やっぱり大学で授業を受けるのとは、学習環境的に全然違います。もう一つは、自分の将来を真剣に考えるようになったこと。バルセロナに来て、プレーの面でも「上には上がいる」ということを肌で感じましたし、次第に「何事においても自分が通用するか通用しないかギリギリの環境で生きたい」という気持ちが芽生えたんです。これはバルセロナに来なければ絶対に生まれなかった気持ちだと思います。

 

 

 サッカーをするには最高の環境

吉田 将 Sho Yoshida

1995年6月12日生まれ 相洋高校⇒バルセロナ留学

 

スペインでサッカーをする。

それが昔からの夢だった。

もともと、「スペインでサッカーをする」というのが一つの夢だったこともあり、高校卒業後に留学を決めました。

 

バルセロナでプレーしてみて、日本との違いを感じますか?

まず感じたのは、球際の当たりの強さです。日本とは比べ物にならないくらい激しくて、そして勝ち負けへのこだわりがとにかく強いんです。あとは戦術の種類の多さですね。攻め方やボールの動かし方、プレッシャーを掛ける位置まで細くルールがあります。日本でプレーしていた時は、自分たちで考えながら状況に応じてプレーすることが多かったのですが、バルセロナではチームの戦術にそって動くことが求められます。そのため、個人練習が少なく、戦術やパス回しといったチーム練習が中心になります。ピッチのも日本と広さが異なるところ多く、それに合わせた動き方やポジショニングが求められるので、慣れるまでは苦労しました。

 

プレー環境についてはいかがですか?

普段使用している練習場はもちろん、街のほとんどのグランドが人工芝で、こまめにスプリンクラーで水が撒かれます。1年を通して暖かく、晴れる日も多いのでサッカーをするには最高の環境です。

 

この1年間で成長した部分を教えてください。

球際で勝つための身体の使い方を身につけました。体格で劣っていても、身体の入れ方一つで十分に勝負することができますから。メンタル面でも得たことは多いです。バルセロナでは、試合中に観客の罵声が飛び交うことが多くて、その中で実力を発揮するには動揺せずに自分をコントロールする必要があります。バルセロナに渡って間もないころは、雰囲気に圧倒されていましたが、今ではそういった状況下でも落ち着いて自分のプレーに集中できるようになりました。

 

 バルセロナの魅力を自分が伝えてきたい

島田 圭祐 Keisuke Shimada

1995年3月12日生まれ 明治学院大学休学⇒バルセロナ留学

 

もう1度バルセロナに行きたい。

その気持は常に持っていた

遠征で一度バルセロナに来た時、街並みや雰囲気を気に入ってしまって。それで大学を休学して留学することを決めました。

 

バルセロナでの生活はいかがですか?

ゆっくりと時間が流れているような雰囲気がいいですね。スペイン人の陽気な人柄も好きです。バル(スペイン語でバーの意味)サッカーの試合を見ていると、隣の人が気軽に話しかけてきてくれたり。日本語は基本的に通じませんが、日本人だと認識されると向こうから「アリガトウ」や「サヨナラ」と声をかけてきてくれるんです。

 

住まいはどうしていますか?

最初は語学学校の寮に入っていましたが、現在はシェアハウスで日本人と台湾人のルームメイトとシェアしています。時間があるときは一緒に食事をしたり、スペイン人の知り合いを読んで一緒に街に出かけたりもしますね。

 

語学学校の授業はいかがですか?

自分のレベルにあったクラスを受講できるので、無理なく学習することができます。平日は基本的に毎日授業があって、単元によって内容がわかれているのですが会話がメインになります。講師の方から質問をされて自分の意見を発表したり、グループでディスカッションしたり。日本と少し違うのは、机とイスの向き。みんなで円を作るように向き合って座ります。お互いの顔が見えるので、おのずとコミュニケーションも取りやすくなりますね。

 

1年で語学力はどの程度成長しましたか?

読み書きはもちろん、特に会話力が身についたと思います。徐々に相手のいうことが理解できるようになってきましたし、しゃべり方の癖なんかも分かるようになってきました。スペイン人のチームメイトともうまくコミュニケーションを取れていますし、初対面の相手でも日常会話であれば自信をもって話せるようになりました。