アルビレックス新潟バルセロナ

(男子)

フォンサンタ・ファティージョ

(女子)


地元チームとの戦いは、あなたを磨き、逞しくしてくれます



運営母体は シンガポールプロサッカーリーグ『Sリーグ』に所属するアルビレックス新潟シンガポール(Albirex Niigata FC Singapore)を運営するAlbirex Singapore PTE LTD。
海外でのプロリーグ参戦やサッカー留学事業の潤沢な経験を生かし、責任を持って運営します。

 チーム

 男子は、バルセロナフットボールアカデミーの留学生を中心とし、数名の地元スペイン人を加えた混合チームで戦います。2016ー2017年シーズンはカタルーニャ州4部リーグに所属し、シーズン終盤まで優勝争いを展開しました。最終的には、優勝に届かず、3部リーグへの昇格は叶いませんでした。2017ー2018年シーズンは3部昇格へのリベンジを目標に取り組んで行きます。

 女子は、カタルーニャ州1部リーグに所属するチーム『フォンサンタ・ファティージョ』に合流し、活動することになります。

当チームは伝統的に女子に力を入れており、育成の低年代から女子チームを有している数少ないチームになります。

2016ー2017年シーズンは3位に終わり、惜しくも全国リーグ翔鶴にはなりませんでしたが、カタルーニャでの強豪チームとなります。

◆インタビュー

『地元クラブと同様に扱っている』

Alber BAZA アルベール・バサ

カタルーニャサッカー協会 ゼネラルセクレタリー

 

カタルーニャサッカー協会とカタルーニャ州リーグについて教えてください

スペイン国内でも最も古いサッカー協会で、創立は1900年だ。本部はバルセロナにあり、カタルーニャ各地方に14の支部がある。カタルーニャ州リーグは、プリメーラ(1部)、セグンダ(2部)、テルセラ(3部)、クアルタ(4部)という4つのアマチュアカテゴリーに分かれている。女子リーグやフットサルも同じような構造だ。

 

アルビレックス新潟バルセロナが所属するリーグは?

クアルタ(4部)だ。登録チームは約400チーム。9月の最終週に開幕し、翌年5月初旬に閉幕する。16〜18チームで構成されるグループが約30ほどあり、各グループの優勝チームはカタルーニャ州3部に自動昇格し、2位チームが昇格プレーオフを戦う。さらに、1部から4部まで全カテゴリー、全優勝チームにコパ・カタルーニャへの出場権が与えられる。ただ、コパ・デル・レイには参加できない。

 

リーグとして、アルビレックス新潟バルセロナに期待するものは?

このチャレンジを非常にポジティブな評価をしているし、地元クラブと同様に扱っている、特に若いプレーヤーにとって、カタルーニャ州リーグは自分をレベルアップさせるうえで最適な場所だと思う。アルビレックス新潟バルセロナには、ただ参加するだけでなく、上のカテゴリーを目指してもらいたい。

 アルビレックス新潟バルセロナ チームスタッフ

ゼネラルマネージャー

Tomonori Okazaki

岡崎智徳

監督

Jesus Drado

ヘスス・ドラド

アドバイザー

Toni Almendros

トニ・アルメンドロス

チームマネージャー

Shu Narasaka

奈良坂 周


ヘスス監督インタビュー

現地TVから取材映像


 参戦リーグ

男子

アルビレックス新潟バルセロナは、カタルーニャ州4部リーグからスタートします。

4部とはいえ、登録チームは300チーム以上。各リーグ16〜20チームでホーム&アウェー30節以上を戦います。

 

女子

合流するフォンサンタ・ファティージョはカタルーニャ州女子1部リーグに属しています。2部リーグでも90チーム以上が登録しています。

 

 トレーニング環境

男女ともに、人工芝グランドをホームグランドて、1シーズンを通じて同じグランドを使用します。

もちろん、シャワーを備えたロッカールームやナイター設備も完備。さらに、サッカー場にはかかせないバルも併設しており、地域の憩いの場としても機能している施設です。